三ツ星からB級まで美味しいもの情報満載♪


by harapeko-angel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

☆夏の夕涼み☆

夕方、お仕事を終えて小さなサポーターちゃんとかき氷を食べに行き、しばしの夕涼みタイム。大きなかき氷を頬張りながらどちらからともなく「このかき氷を見せなくては!」と三女ちゃんにTV電話をしてみた。すると画面に登場した三女ちゃん、何やらチケットを手に持っている。聞けばこれから野球を観に行くはずだったとか。だけどアクシデントに見舞われたようで。。。
詳しくはこちら↓

「まさかのアクシデント!!!」

「ドーム球場なのに中止ってびっくりじゃろ?!」と三女ちゃん。確かに中止はびっくりだけどもっとびっくりだったのは観戦チケットはくじで当たったものだという。すごーい!!!恐るべし強運。
そうだった!!!昔から三女ちゃんは懸賞やくじの類いによく当たる。くじで旅行を当てたり、チケットや商品券...昔からかなりの強運の持ち主だった。欲がないのが当たるコツと言うけれど、神がかり的なくじ運は普段からの行いの良さなのか?!

観戦チケットは翌日の試合の観戦に使えるという。だけど明日は行けないから次回の観戦チケットに変えてもらえることになったんだと三女ちゃん。こういうときのとっさの交渉が抜群に上手い。

TV電話を切った後、解けかけて小さくなっているharapekoたちの自慢だった120円の庶民派かき氷。続きを食べながら小さなサポーターちゃんと「harapekoたちって自慢が小さすぎたね〜☆」顔を見合わせて笑った夏の夕涼みでした。

d0012323_172267.jpg

[PR]
by harapeko-angel | 2007-07-28 01:16 | 独り言
梅雨明けの知らせとともに季節の贈り物が届いた。博多の名店『椒房庵』の釣り子めんたい。最近は温暖化の影響で原材料の確保が難しいらしくいつまで食べられるだろうかと気になっている今日この頃。フタを開けたとき思わず「きゃ〜!!!久しぶり〜☆」と思わず叫んでしまった。
d0012323_20423664.jpg

うっかり目を離すと一腹でご飯を一口なんて贅沢極まりない食べ方をするパートナーの行動に目を光らせながら食事の度に恭しく桐箱を冷蔵庫から出し入れしているharapekoはかなりの貧乏性?!(笑)
昔、お歳暮で届いた刺身で食べられるほど新鮮な車エビを大事にしまい込み過ぎて加熱しても食べられなくし、家族から大ブーイングだった母の行動をふと思い出した。

そして先日、happysmileちゃん母のポーセラーツ教室で作ったお茶碗が焼き上がり、めんたいこと同じ日に届いた。先生のご指導のお陰で素敵な作品に仕上がった桜とバラのお茶碗たち☆
d0012323_20513168.jpg

このお茶碗にふわふわのご飯をよそって、めんたいこと一緒に頂く。大満足な日々なのです☆
[PR]
by harapeko-angel | 2007-07-26 21:05 | グルメ

☆プチ里帰り☆

週末、久しぶりにパートナーと2人で『京家』へ。。。
もうかれこれ10年以上通っている『京家』。のれんをくぐるといつも変わらない笑顔で迎えてくれるおいちゃんとおばちゃん。この日も雨が降る中、傘を差してお出掛け、お出掛け☆

『京家』に行くと帰り際に「ちょっと待ってて。」と言っていつの頃からか里帰りした娘のようにおみやげを頂くようになった。そのほとんどがおいちゃん手作りの品。季節の食材を使った料理をお裾分けしていただく。今までも生寿司、千枚漬け、イカナゴのくぎ煮、ちりめん山椒..etcいろんなものを頂いた。京家ファンにはたまらない、メニューには登場しないおいちゃんオリジナルの裏メニュー。この日は大好きなちりめん山椒を頂いた。
d0012323_15144532.jpg


『京家』
岡山市富田町1-10-7
086-226-2351
18:00〜24:00 月曜休

食は「人を良くする」と書く。心のこもった料理は究極のごちそう。ちりめん山椒をもらってプチ里帰り気分の帰り道、心もおなかも満たされた夜でした☆
[PR]
by harapeko-angel | 2007-07-23 15:24 | 独り言

☆イタリアVSフランス☆

イタリアVSフランス。。。ここ数日harapekoの中で激しい攻防を繰り広げている。必殺仕事人スイッチが入るとやること....美容院に行くこと、手帳を変えること...etc。美容院はすぐに予約を入れたけど、手帳はなかなか決まらない。

それもそのはず。今はなんたって7月。日本で売ってるスケジュール帳って1月始まりか4月始まりがほとんど。外資系で働く人や海外出張が多い人のために9月始まりのものも見掛けるけど数は少ない。候補はふたつある。
ひとつはフランス・マルセイユで誕生した『Quo Vadis』
1962年ルーブル美術館で行われた「芸術と産業」博覧会において「20世紀最大の逸品」に選ばれたQuoVadis。使う人の目線に立って随所に散りばめられた工夫で使いやすさは抜群。特にエグゼクティブと呼ばれる16X16の正方形タイプは女性起業家、ビジネスウーマンの愛用者が多いのも特長。色もたくさんあって嬉しい♪
d0012323_0164334.jpg

もうひとつの候補は『MOLESKINE 』。フランス発祥のイタリア製ブランド。200年の歴史を持ち、元々は旅行用に作られた。MOLESKINEでノートを買って旅に出掛けるのが旅行家の定番だった。MOLESKINEとはモグラの皮の意。もともと旅行用に作られたため繰り返し使用することに耐えられるように頑丈な作りになっているのが特長。愛用者として広く知られているのはゴッホ、ピカソ、マティス、ヘミングウェイなど有名な芸術家たち。世界の芸術家たちに愛された手帳。旅行カバンに入れてピカソが旅のお伴にした手帳。。。うーん。。。気になる。
d0012323_0172658.jpg

しかも今『MOLESKINE』は2007.7〜2008.12用の限定販売の手帳を売り出している。今すぐ手帳を変えたいというharapekoのわがまま極まりない願望を満たしてくれる。


イタリアVSフランス....果たして軍配はどちらに?!
 あなたならどっち???
[PR]
by harapeko-angel | 2007-07-17 00:23 | 独り言

☆母の半分こ☆

毎月恒例のお料理教室が終わった後、実家に立ち寄った。めざとく頂き物のメロンがあるのを見つけたharapeko。おねだりすると「けんかにならないように...」と次女とharapekoの持ち帰り用に半分ずつに切ってくれた。(いい歳してメロンでけんかにはならないだろうと心の中で突っ込んでみた。)

昔からそうだけど母の半分こは必ず半分こにならない。焼きそばを分けてもスイカを切っても1コのものを分けるときに微妙に6:4になってしまう。部屋中に広がるメロンの香りに引き寄せられて甥っ子がメロンを切っていた母の横に駆け寄った。小学生の甥っ子から見ても半分この大きさの違いは明らか。甥っ子はすかさず「ヒロのはこっち!」と大きい方を指差す。「3人家族と2人家族の半分こよ。ヒロのはこっち。」と小さい方を指差した。

そう。。。なぜか昔からいつもこの半分こだった。半分っていいながらどっちが好きなモノなのかどっちがよりお腹が空いているかで微妙に変わる半分この加減。なぜかこれが不思議とけんかにならない。半分こに母のさじ加減が加わるなんとも微妙なルール。今日も甥っ子は母の説明により「ふーん。。。」と納得していたのがおかしかった。

d0012323_2226599.jpg


今日は次女と母とharapekoと三人で隣町へ買い物にも出掛けた。
女三人、おしゃべりで盛り上がる車の中で突然母が叫んだ!
「あ〜!!!ヤギがいる!」....道端にヤギを見つけたらしい。
「もう急に大きな声出さんでや。びっくりするじゃん。」と運転中の次女に叱られるがいっこうに気にしていなかった。窓から嬉しそうにヤギを見る母を見て今日も平和だなと思った。
[PR]
by harapeko-angel | 2007-07-15 22:33 | 独り言

☆台風来たる☆

今夜20時、大阪から戻ると岡山駅は静かだった。。。台風接近のため夕方から電車は次々と運行がストップされたらしい。NHKの取材班が閑散とした駅を取材中だった。よく水辺でヘルメットをかぶって台風中継してるTVを見ていてこの人たちは大丈夫なんだろうかと心配になることがある。
水辺ではないけれど、こんな時に仕事って大変だな〜と思ってしばらく取材の様子を眺めていた。
d0012323_2218211.jpg




んんん...???



あっ!そうだった!!!
人のことを心配してる場合じゃなかった。。。電車が止まってるってことはharapekoも家に帰れないじゃないか!!!....というわけで家族にSOS電話をしてお迎えに来て頂いた。帰ったら温かいお風呂と熱々のお好み焼きが用意されていた。外は嵐だけど、我が家はいたって幸せだった☆
[PR]
by harapeko-angel | 2007-07-14 22:43 | 独り言

☆罰ゲームな夜☆

夕方、小さなサポーターちゃんを助手席に乗せ、家路へと急いでいた。夕飯のメニューを考えながら....ふと隣りの小さなサポーターちゃんに「晩ご飯何がいい?」と聞いてみた。普段はこんなことあまり聞かない。だいたい子供にたいしたレパートリーなどあるはずもなく聞いて作れば偏食を招く原因になると思っている。今日はなんだか頭のスペースがあまり空いていなかった。考えるのがおっくうでふと尋ねたつもりが後で大後悔することになるとは...

小さなサポーターちゃんにリクエストは「天ぷら」。
快諾して買い物に出掛け、夕飯の支度に取りかかった。「ご飯出来たよ〜♪」と家族を呼ぶと嬉しそうに駆け寄って来た小さなサポーターちゃん。
サポーターちゃん:「天ぷら出来た〜☆?」
harapeko:「..............」 「ご........ごめん!忘れてた......」

そうなんです!張り切って買い物に出掛けたもののすっかり会話のことを忘れ全く違うものを夕飯のメニューにしてしまったのです。
寄席の話に小僧が主人にお使いを言い渡され、忘れないように反芻しながら出掛け、水たまりを跨いだとき「どっこいしょ」っていったらそこからどっこいしょに変わっていった....という話があった。まさにその話のように買い物に出たときすっかり頭から消え去っていた。

もちろん平和的解決などあるはずもなくスーパーでお菓子を買えとろう城する子供のごとくひっくり返って大泣きを始めたからさあ大変!
harapeko:「ごめんね〜!」
サポーターちゃん:「絶対許さん!天ぷら作らんのだったら最初から聞かんかったらよかったのに。」
.....ごもっともです。
harapeko:「ごめん!ほんとうにごめん!明日作ってあげる!」
サポーターちゃん:「イヤ!絶対今日がいい。」
harapeko:「だってもうご飯出来たんだもん。」
サポーターちゃん:「嘘つき!」
.......確かに。嘘はついてないけど忘れてました。
harapeko:「じゃあ、ご飯食べたらお散歩行く?」
サポーターちゃん:「地球にやさしい新聞配るんなら行く。」
harapeko:「新聞はもう終わったんよ。」
サポーターちゃん:「じゃあ行かん。」
harapeko:「じゃあご飯食べたらTSUTAYAにコナン借りに行く?」
サポーターちゃん:「うん!行く!」
......ホっ!.......としたのもつかの間
サポーターちゃん:「もちろん自転車で行くよ!2人乗りで☆」
......?.......「え〜????」
harapeko:「もう暗いし、車にしようよ!」
サポーターちゃん:「だめ!約束破ったんじゃけん、自転車で行く!」
......はい、はい。わかりましたよ。

.....というわけで食後、真っ暗な道を往復30分以上かけて小さなサポーターちゃんを後ろに乗せTSUTAYAに向かった。背中越しに「これでお腹もへっ込んだらいいね。」とささやく小さなサポーターちゃんはビリーより鬼軍曹だった。もう二度と晩ご飯のメニューは尋ねないと心に誓った。
  
[PR]
by harapeko-angel | 2007-07-10 23:30 | 独り言
d0012323_19364583.jpg

体験レッスンで初コーディネートした作品☆
今日のテーマは『和風モダン』。。。創作意欲に火がついた☆ボッ!
d0012323_19414149.jpg

先生の作品☆ひまわりの花びらを取り除いて使われています。斬新で素敵でした。こんなのありなんだな〜って目からウロコだった。。。
d0012323_19461056.jpg

床の間もこんなモダンなスペースに大変身☆

先日、お嬢さんの結納の際にも自宅でコーディネートされて先方をお迎えになったそうです。。。小さなサポーターちゃんの結納シーンをイメージしてスイッチの入ったharapeko。帰宅後、パートナーに話すと「いつの話よ、一体!」と笑われた。きっと彼の頭の中は半年でリタイヤした中国語と同じ道をたどるだろうというイメージだったに違いない。。。
[PR]
by harapeko-angel | 2007-07-09 19:55 | 習い事
先週、テーブルコーディネートの体験レッスンに行ってきた。
「教える側」でもあり「学ぶ側」でもあるharapekoにとって「学ぶ」を体験するといろいろ気付くことがある。
d0012323_22454971.jpg

体験レッスンで作ったラウンド型のフラワーアレンジメント☆
作った作品は家に持ち帰り、ダイニングテーブルに飾ってプチセレブを味わった☆
ちょっとの工夫が気持ちも空間も豊かにするんだな〜。
[PR]
by harapeko-angel | 2007-07-07 22:57 | 習い事
d0012323_21524530.jpg

7/28(土)〜公開の映画『レミーの美味しいレストラン』。
我が家の小さなサポーターちゃんはもうすぐ人生初の夏休みを迎える。今まではずっと保育園に通っていたので夏休みがなかった小さなサポーターちゃん。親子で迎える初めての夏休みにちょっと期待に胸を膨らませている。そして夏休みになったら絶対一緒に行こうねって約束してるのがharapeko好みのこの映画。予告編はこちらから↓
『レミーの美味しいレストラン』予告編

おなかに授かった小さなサポーターちゃんが女の子だとわかったときすごく嬉しかった☆一緒に洋服を買いに出掛けたり、映画や旅行にもたくさん行こうとワクワクした。念願叶って映画はもう既に10回以上は一緒に観に行っている。子育てにたいしたポリシーがある訳でもないがそのときその瞬間でしか味わえないことを楽しもうと決めていた。それは妊婦のときから始まっていた。胎教はもちろんのこと「妊婦ってくじ運があるらしい」と聞きつけてこれはぜひ試してみなくてはと臨月に入って宝くじを買ったら5万円当たった。おんぶの子育てが情操教育にいいと聞くと仕事してても家事しててもずっとおんぶだった。一緒にベトナム縦断バックパッカー旅行をした時は何をやってもどこへ行っても現地の人に馴染んで楽しんでいる小さなサポーターちゃんが頼もしかった。

一緒に泣いたり、笑ったり、悩んだり、怒ったり、感動したりしながら「親」も「子」に育てられているんだなといつも思う。いつかきっとおとずれる親離れの前にいっぱい抱きしめて、唯一無二の大切な存在なんだということをいっぱい、いっぱい伝えておこうっと。
[PR]
by harapeko-angel | 2007-07-04 22:28 | シネマ