「ほっ」と。キャンペーン

三ツ星からB級まで美味しいもの情報満載♪


by harapeko-angel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

☆フェリーのうどん☆

フェリー乗り場の道路を挟んだ向かい側にある立ち食いうどん。通称「フェリーのうどん」と呼ばれ長く地元の人たちに愛されている。水のコップは花柄のワンカップ酒が入っていたもの。夫婦ふたりでやってたこのお店、おじちゃんが亡くなってからはおばちゃんが一人で切り盛りしてる。ただでさえ安いうどんをときどき50円まけてくれたりする。そのことが子供心ながらとても心配だった。

harapekoが初めてひとりでお泊まりしたのはまだ1歳にもなっていない頃。神野のばあちゃん家だった。20代半ばで3人の子供を授かったうちの母。自分の母親は結婚前に亡くなっていて、よく神野のばあちゃんが助けてくれた。harapekoが幼稚園の頃は土曜日のお迎えは決まって神野のばあちゃんでそのままお泊まりに出掛けた。ばあちゃんの家は薪風呂で養命酒と美容クリームの匂いがした。いつも幼稚園の門の所にお迎えに来てくれて、園から3〜4キロの道を歩いてばあちゃん家に向かう。手をつないで歩きながら「晩ご飯は何にするか?」と聞かれいつも「フェリーのうどん」と答えていた。

海藻とムシロの匂いのする石風呂にもよくばあちゃんのお供をした。熱い石風呂に入ってる幼稚園児はいつもびっくりされて裸のおばちゃんたちに可愛がられた。帰りにはいつもみかんやヤクルトやラムネを握らされていた。長い休みになるとばあちゃんと電車に乗って柳井の大きいばあちゃんのところへも行った。どこに行くのもいつも一緒だった。

実はガスと缶切りが苦手。父方の祖父が容態が悪い頃、両親が出掛けるときに必ず留守番に来てくれていたのも神野のばあちゃんだった。ばあちゃんは当時小学校3年生だった私にガス風呂のスイッチの入れ方がわからないと言った。張り切ってばあちゃんに風呂場でスイッチの入れ方をレクチャーしているうちに.....
バーン!!!!!爆発音と共に一瞬火が噴いた。.....ガス風呂を爆発させてしまったのだ。
手と足は大やけど。髪もチリチリと焼けていた。爆発音に驚いて集まった近所の人たちに濡れタオルやらジャガイモの擂ったものを足にのせられたり、油を刷り込まれたりした揚げ句、病院に運ばれた。
祖父のお葬式には包帯ぐるぐる巻きで正座が出来ず、縁側に腰掛けて神野のばあちゃんと並んでお経を聞いた。

別れは突然やって来た。
先週神野のばあちゃんが亡くなった。

あなたの大切なヒトは誰ですか...。今夜声を聞いてみませんか?
[PR]
by harapeko-angel | 2005-10-31 15:51 | 独り言

☆ポストを開けると☆

ある日帰宅するとポストに本が届いた。添えられたメッセージには「この本は今、私がすごく気に入ってる本なのでよかったら読んでみてください」と.....わざわざ送ってくださったのだ。ふとある人の言葉が頭をよぎる。「神様は姿、形が無いからその代わりに誰かの口や何かの手段を使って私たちにメッセージを届けられるんだって。」と。

『名言セラピー〜3秒でハッピーになる』 
天才コピーライター ひすいこうたろう著

ブログで書かかれていたものが一冊の本に。「くすっ」とか「ぷっ」と笑えたり、へぇ〜って思わずつぶやいたり、一瞬でハッピーになれる本。
命の延ばし方とか神様をやる気にさせる方法とか世界一長生きする秘訣とか...ふふふっ。何?何?って聞きたくなったでしょう!!!ぜひ読んでみてね☆
harapekoも本が出したーい!!!...聞こえるように叫んでみた。

http://blog.livedoor.jp/kissei888/

d0012323_22245492.jpg


「名言セラピー」を送ってくださった方に雪崩のごとく良いことが起きますように☆☆☆
Special Thanks☆by harapeko
[PR]
by harapeko-angel | 2005-10-30 22:43 | 独り言

☆天高く....☆

天高く馬肥ゆる秋ということで食べ物が美味しい季節になった。ディープインパクトが三冠馬を達成したニュースを聞きながら晩ご飯の準備をしていた。

この季節になるといつもあれこれと食べたいものが浮かんで来る。
うちの父は昔から釣りや山歩きが趣味。一口に山歩きといっても趣味の域を遥かに超えている。狩猟、山菜採り、松茸狩り、栗拾い...と幅広く小さい頃、父の職業は夏は漁師で冬は猟師だと本気で思っていた。この季節になると我が家には必ずと言っていいほどたくさんの松茸があった。中学の頃、部活帰りのおやつ代わりに松茸を2〜3本入れたうどんを作っては食べていた。今から思うと罰当たりな食べ方に反省しきり。趣味が幸いして我が家は父が持ち帰る季節のものが食卓によくのぼった。父はなかなか味にうるさく季節の食材の美味しい食べ方、肉や魚の美味しい部位などよく話してくれた。季節の魚の刺身、わらび、栗ごはん、ゆずみそ、松茸ご飯、中でも狩猟肉は驚くほどたくさん食べた。いのししやキジ、山鳩、ウサギ...あまり一般の食卓にのぼらないものばかり。大人になりフレンチを食べに行くようになってからジビエ料理を抵抗なく戴けることもこの経験から。『食』にこだわりがあることも父の存在が大きく影響している。

今日は我が家の最近のヒットメニューをご紹介。
まずは豆乳鍋。だし汁と豆乳を1:1の割合で鍋に作り、白みそ、醤油かつゆの素で味を整える。具材は鶏肉のつみれ団子、きのこ類(まいたけ、しいたけ、えのき茸など)、春菊などが特におすすめ。辛いのがお好みの人は粉唐辛子やキムチの素をプラスしてね☆
d0012323_1382252.jpg

そしてくるくる豚カツ巻き。プロセスチーズ、アボガド、アスパラ、人参などを塩こしょうした豚薄切り肉で巻き、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて揚げる。栄養満点、ボリューム満点の一品。
この2品、ぜひお試しあれ☆
[PR]
by harapeko-angel | 2005-10-28 01:50 | グルメ

☆男子厨房に入るべし☆

今夜は仕事仲間のお宅へ。彼の仲間に仕事の話をするお礼にと彼の手料理を戴くことに....harapekoの心をくすぐるおもてなし。スパークリングワインで乾杯した後、さて何を戴けるのかと楽しみにしながらキッチンで働く彼の背中を眺めていた。

「前菜です。」と出されたお皿にはチキンのソテー(トマトソース)と鯵とアボガドのサラダ。この素材の組み合わせと味付けにやられた!!味付けにぽん酢、和風ドレッシング、みそ、ごま油などが使われた鯵とアボガドのサラダ。思わず「美味しい!」と叫んだ。うーん....お見それしましたって感の腕前。イメージの期待をあっさりと裏切られ、初めて知る彼の意外な一面に「ほほ〜。おぬしなかなかやるではないか。」と舌が踊った。その後、白ワインを飲みながらワタリガニのパスタを戴く。もちろん彼はプロの料理人ではない。だけどこれだけの料理が作れるにはやはり今まで食べてきたものでの肥えた舌のなせる技。若く培われた舌の持ち主である彼の育ちがこんなところに現れている気がした。知性と育ちはこんなところにも出るのかもしれない。知的な男性は料理もうまいというのがharapekoの持論。男子厨房に入るべからずの時代は終わった。男性諸君に告ぐ「男子厨房に入るべし!!!」

今夜のデザートはhappysmileちゃん一押し、ゴディバのダークチョコレートアイス。これがまた実に素晴らしい☆深い味のチョコレートアイスながら、甘さが尾を引かないちょっと贅沢な味。コーヒーとの相性も抜群。手土産にぜひお薦めしたい一品☆
http://www.godiva.co.jp/products/ice.php
[PR]
by harapeko-angel | 2005-10-22 03:33 | グルメ

☆味なかがわ☆

9月某日。最愛のヒトのお祝いでふたりが大好きなお店『味なかがわ』へ。創作フレンチの『味なかがわ』。初めてこのお店ののれんをくぐって10年以上になる。最初の一皿に魅せられて以来、記念日に、お祝いに、大切なヒトとたくさんの思い出に彩りを添えてくれた。お箸で戴く創作フレンチ。気取らず、肩の力を抜いて食べれるのも魅力のひとつ。

職人気質のシェフが作り出すお料理。そのこだわりは10年以上、月に一度フォアグラを食べに通って来るお客さんにただの一度も同じソースで出したことがないとか....。harapekoも記憶に残るとびきりのお料理を数々戴いた。魚介のゼリー寄せ、栗のポタージュ、グラタン、フランス料理の冬の味覚の代表、ジビエ料理もここで食べると今までのイメージが一新される。

d0012323_20525868.jpg

ある日の前菜。フォアグラ豆腐にまいりました☆3種、5種、7種、9種から選べます。
d0012323_20541974.jpg

この日のメイン。ソースが抜群!!!
d0012323_20572063.jpg

デザートの盛り合わせ。

ある美容院のオーナーの話。『死んでもらっては困るヒト。鍼の先生と占いの先生。』癒しの鍼の先生と大きなコトを決めるときに必ず相談する占いの先生は彼女にとってはなくてはならない人らしい。家族や大切な人以外で死んでもらっては困る人.....ぐるぐると頭の中で顔が浮かぶ。んー.....何人もの料理人の顔。やっぱり「食」はharapekoのパワーの源なんです〜♪もちろん『味なかがわ』のシェフもそのひとり☆

『味なかがわ』
倉敷市阿知3−14−12  2F
086−434−8451
[PR]
by harapeko-angel | 2005-10-20 21:12 | グルメ

☆NOBU Las Vegas☆

d0012323_14484982.jpg

大好きなレストラン『NOBU』。出発前にラスベガスにもお店が在ることをチェックして最終日のディナーに出掛けた。今回の『NOBU』ではおまかせではなくharapekoチョイス!英語が得意じゃないharapeko。なぜかメニューを理解するのと注文だけは英語通じるから不思議。セレブな人たちが集う店。テーブルに運ばれる料理としっかりと冷えた竹酒に酔いしれた。う〜ん、幸せ☆期待を裏切らない料理。そして今宵いっしょに来た人たちが大満足してくれたことが何よりのごちそうだった。これで4店舗制覇。夢は『NOBU』世界制覇!!!この日のメニューを一部ご紹介しまーす!!!

d0012323_1458789.jpg

牡蠣のサルサソース(小振りの牡蠣が濃厚でした)
d0012323_14585419.jpg

サーモンスキンサラダ(かりかりに焼かれたサーモンの皮が香ばしくて....)
d0012323_1505992.jpg

ソフトシェルクラブロール(絶品!これを食べずしてNOBUを語るべからず)
d0012323_1524388.jpg

本日のデザート(チョコレートケーキの真ん中の白いソースを崩すと....あら不思議!チョコレートソースに早変わり。かりかりのチョコレートケーキにホットチョコを掛けたようなケーキに変身)

次はロスの『Matsuhisa』へ!
[PR]
by harapeko-angel | 2005-10-10 15:10 | グルメ

☆Honey Day☆

今夜は仕事を終えて、新婚家庭にお邪魔した。新しいお家、新しいものたちに囲まれての新しい角出....結婚して2週間ちょっとのふたり。とても幸せそうでこっちまで嬉しくなった♪

今から数年前のこと。当時結婚ラッシュで周りの友達たちは集まれば結婚式の話題で持ち切りだった。最初はイベント気分で招待されたのって着ていくものの相談でわいわいしてた。そのうち度重なる招待状にある友達は言った。「こんなに重なると喚ばれるのも良し悪しね。出費がすごくて...」そんな言葉を聞きながらすごく寂しい気持ちになった。子供の頃は大人になると自由になれるって思ってた。なのにどんどん窮屈になっていく。このまま窮屈な大人にはなりたくないと思って今の仕事を始めた。それから数々の「おめでとう」のときを多くの仲間と迎え、そしてたくさんの友達の幸せの瞬間に立ち会った。この仕事を選んで本当によかった。

奥さまは帰宅してすぐにエプロンをつけ、美味しいパスタとサラダを作ってくれた☆ご主人はharapekoのためにと手作りのケーキを作っていてくれて振る舞ってくれた☆日曜大工で作られたご主人自慢の棚たちをお披露目してくれ、お揃いのお箸、時々顔を見合わせて笑う姿。ここから始まっていくんだなって心から祝福を送る。幸せなふたりの温かいおもてなしに酔いしれた夜なのでした。いっしょに海外で遊べる日を楽しみにしてまーす!!!お幸せに〜♪
d0012323_1544013.jpg

絶品、手作りフルーツタルト☆☆☆

あっ。そういえばharapekoの可愛い弟くん。メルアドがhoneydayなのが前から気になってた。ちょっと前に「なんでhoneydayなの?ラブラブだから?」って聞くと「あっ。誕生日が8/2だから。」.....って答えが返ってきた。......かなり面白かった。
[PR]
by harapeko-angel | 2005-10-10 02:08 | グルメ

☆フォー・ホア☆

世界中どこで食べても期待を裏切らないアジアンフード。なかでも大好きなのはハワイの『ハレ・ベトナム』に行って以来ハマってしまったベトナム料理。最近は海外に出掛けるとご当地の料理と同様に必ず探してしまうharapekoの定番メニュー。なかでもお気に入りはベトナムヌードルフォー。繊細なスープと香菜のベストマッチな組み合わせが大好き☆今回もラスベガスで美味しいフォーに出会ってしまった♪
d0012323_2113480.jpg

『Pho Hoa』自慢のフォー  $5.59〜
d0012323_214461.jpg

トッピング。 ハーブは毒消し、消化促進。エネルギーの高い食べ物。
d0012323_2152436.jpg

サイドメニュー。ベトナム料理の定番、生春巻き。$1.49〜
d0012323_2173814.jpg

食後におすすめ。豆ドリンク(Supreme Combination Beans)$2.33

旅行帰りに食べる駅の立ち食いうどんのようになぜか妙に懐かしく癒される味。。。フォーなのでした!!!

『Pho Hoa(フォー・ホア)』
4503 Paradise Rd.(ハードロック・カフェ向かい)
702ー696−0172
9:00〜22:00(金・土〜24:00)
http://www.phohoa.com/
[PR]
by harapeko-angel | 2005-10-08 21:20 | グルメ
関空〜ロサンゼルス〜ラスベガス....久々の長旅。マッカラン国際空港に降り立った。砂漠のオアシス。飛行機を降りてすぐのロビーでいきなりカジノを発見!!!ひょえ〜さすがラスベガス。。。さぁ。いざラスベガスへ!!!

今回の宿泊はMGMグランド。客室数5000室を保有する巨大アミューズメントホテル。シルク・ド・ソレイユの最新作『KA』が上演されている。「キンピカの部屋だったら....」ドキドキしながら部屋のドアを開ける。セーフ。。。キンピカじゃなかった。ちょっとホッとした。

アメリカン・ドリームの象徴のような街、ラスベガス。街全体がテーマパークみたい。どこを撮っても絵はがきになりそうな街に繰り出した。
初日のディナータイム。ラスベガスはバフェが充実している。一般的にいうビュッフェ形式の食事。ゲームの合間に食べれる手軽さとカジノへの集客目的にバフェは趣向を凝らし各ホテルの競争へ。。。
だからラスベガスのバフェは安くて美味しくてハイレベル☆
harapekoたちが行ったのはベラージオの『バフェ・ベラージオ』。
ベラージオは映画「オーシャンズ11」の舞台になったホテルでベラージオの噴水はベガスの名物。噴水見たさに出掛けたバフェ。べガスで一番行列するバフェ。harapekoの採点は70点。
編集者、ラスベガスフリークの一押し、大人気なのはパリスの『ル・ヴィラージュ・バフェ』。ベラージオの向かいに位置するこのホテルからは噴水を見ながら食事が出来るらしい。うーん。。。次回はぜひここに☆

『バフェ・ベラージオ』
3600 Las Vegas Blvd.South ベラージオ内 702-693-7111
8:00〜10:30、11:00〜15:30、16:00〜22:00
朝$12.95、昼$15.95、夜$24.95
d0012323_2242872.jpg


『ル・ヴィラージュ・バフェ』
3655 Las Vegas Bivd.South パリス内   702-946-7000
7:00〜11:30、11:30〜17:30、17:30〜22:00
朝$12.99、昼$14.99、夜$24.95
d0012323_22533960.jpg

[PR]
by harapeko-angel | 2005-10-05 23:01 |