三ツ星からB級まで美味しいもの情報満載♪


by harapeko-angel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

☆スローフード☆

今日は朝から忙しくって、おなかが空いてることも忘れてた(珍しい)
おなかが空いてることに気がついたときにはもう午後3時前。きっと普通のひとは「まっいいかっ。晩ご飯まで我慢しようっと。」になるらしいがもちろん食いしん坊harapekoは晩ご飯まで待てない。我慢出来ない。
そもそもそれがマズかった。我慢しとけばよかった。
『何を食べるか』より『何が早いか』を考えてしまった。
パスタにしよう!!!
自宅に急行。パスタを茹で始めて、鼻歌混じりでいつものお気に入りパスタソースを.....と思ったらない。ない。ない。どこにもない。
げっ。もうじきパスタは茹で上がるっていうのに〜。
仕方なく棚を探しまわって出て来た怪しいレトルトのパスタソースをかけてしまった。その後の後悔は晩ご飯を食べた後も続いた。
口の中に残るイヤーな後口。きっと添加物の味。歯磨き3回したけどやっぱり口の中が変。あぁ〜くすん。
ふと『食育』の話を思い出した。

人間の味覚は胎児の時から形成されていく。だからおかあさんが食べたもので羊水の中の胎児の味覚は発達を始めて約10歳で味覚が完成すると言われている。人間は舌にあるぶつぶつ(味蕾)で甘味、塩味、旨味、酸味、苦味を感知する。欧米人はこの味蕾の数が日本人に比べて20%位少なく、そのため昆布、かつお節、しいたけなどアミノ酸の旨味成分を感知しにくいらしい。(日本人でよかった...)その大事な味覚(harapekoにとってはとっても大事)が大変なことになってるって聞いた。
ベビーフードやスナック菓子やファーストフード、ジャンクフードの氾濫で味覚が発達しない子供が増えているらしい。そんなものばかりを食べて育った子供は本来の基本五味の味覚ではなく化学調味料や添加物の入ったものを好んで食べる傾向があるという。10歳で完成された味覚はそれ以降広がることはないというから...怖いっ。
味覚障害や切れやすい子供や脳の発達への悪影響、犯罪の低年齢化にもつながるからって『食育』や『味覚教育』は今すごく重要視されてる。有名シェフなどの『食育』の活動も盛んだ。『食育』って大事だなって思った。食べる力を育てる。味覚は育つ感性っていうんだって。
感性豊かに育ててもらってよかった。両親に感謝☆

明日からはスローフードにしよう!!!4月になったら『野菜食堂こやま』に行こうかな。無農薬、無添加の野菜やお魚を使って作った定食が美味しい自然食のお店。大地の恵みよありがとうって思いながら食べます。

『野菜食堂こやま』
岡山市田町1−3−35      086−234−0315    11:30〜14:00    17:30〜20:30   火曜休 

寝る前にもう一回歯磨きしようっと。
[PR]
by harapeko-angel | 2005-03-31 00:50 | グルメ

☆お好み焼き☆

今日の晩ご飯はお好み焼きだった....なので今日はお好み焼きのお話。
鉄板の上でソースがジューって音を立てて焦げていく匂いが好き。
昔は駄菓子屋さんでお好み焼き焼いてたりしてたのよく見てたなぁ。

今日はharapekoが岡山で一番美味しいと思ってるお好み焼き店を教えちゃいます。おいちゃんとおばちゃんが夫婦でやってるお客さんの8割が常連さんのお店。
『京家』  
岡山市富田町1−10−7   086−226−2351   
18:00〜24:00     月曜休
カウンター13席の小さなお店。予約していくのががおすすめ。
関西風お好み焼きと創作お好み焼きと一品料理。
とにかく安くて美味しい。4〜5人のグループで行っていろいろオーダーして分けっこして食べるのがお勧め。
元左官さんだったおいちゃんが左官さんが使う道具を使って生地をのばして作る巻きの創作お好み焼き(京家焼、牛巻き、えのきチーズ巻き)は見て楽しく食べて美味しい。
harapekoのおすすめメニューは豚玉、牛巻き、明太子焼うどん、青ニラもやし そして期間限定のかきのバター焼き(激ウマ)

以前関西から友達夫婦が遊びに来てくれた時、『京家』にお好み焼き食べに行こうって誘ったら鼻で笑われた。
「harapekoちゃん、そんなふざけたこというたらあかんわ。関西の奴に
岡山のお好み焼き食いに行こうなんて。」
シャキーン....刀を抜いた(もちろん心の中で)
そのまま『京家』へ直行!
はじめの一口を頬張った瞬間を見逃さなかった。『うまっ。うまいわ。』
ちょっと鼻の穴を膨らませながら『でしょう!』とharapeko。
その夜の刀は切れ味がよかった。

あっ。京家ではお好み焼きが出てくるのを決して催促してはいけません。
時間がない人は来ないでっておばちゃんに刀抜かれますから(笑)
[PR]
by harapeko-angel | 2005-03-29 22:14 | グルメ

☆好奇心☆

『好奇心旺盛だね』とか『よく知ってるね〜』と言われることがある。
そう褒められるとき(たぶん)は大抵『食』の話をしている。

なんでこんなに食べることに好奇心旺盛なのか....
ふとお風呂の中で考えた。きっと食通の父の影響が大きい。
子供の頃からびっくりするくらいいろんなものを
食べさせられた....この話も結構面白いので後日することに。

記憶を辿ると確かに子供の頃から食に関して好奇心が旺盛だった。
っていうかちょっと変わった子供だった。
最初はたぶんアニメ『アルプスの少女ハイジ』に出てくる白いパン。
(世代がバレちゃいますけど...(笑))
クララの家からアルプスに戻ってきたハイジがペーターのおばあさんに
届けた...そうあのパンである。
この柔らかいパンなら食べられるでしょうってハイジがおばあさんに
パンを手渡した時その白くて柔らかそうなパンがどうしても
食べたくなった。
もちろん母に泣きながらねだった。
だけど私が生まれ育ったのは超ど田舎。
(未だに映画館もボーリング場もファーストフード店もない...)
その当時焼きたてのパンなど売っている店はもちろん一軒もなかった。
結局ビニールをかぶったどう見ても焼きたてじゃないパンを
近所の食料品店で買ってごまかされた。
アニメのハイジを見て白いパンが食べたくなる.....そんな子供だった。

映画やTVを見てもやたら食べ物のことは記憶に残るから不思議。
そんな映画のことも後日紹介します。

このブログはharapekoがお勧めの美味しいお店や
好奇心をくすぐられたものをご紹介していきたいと思います。
ブログを読んで、なんだかそれ食べたくなっちゃったとか
そのレストラン行ってみたい〜とか美味しかった〜とか言ってもらえると
嬉しいなっ♡そんなブログを目指しまーす。

あっ。そういえばさっきも友達から「鮮寿って定休日いつだっけ?」って電話があった。
「月曜日!」即答してる自分が怖かった....
[PR]
by harapeko-angel | 2005-03-29 00:09 | グルメ

☆みやこばし☆

「食」を語るにはまず食に欠かせない道具から.....ということで
お箸のお話。
食べるのが大好きなharapekoですが、この箸に出会ってビビビっ☆
まさに運命を感じてしまいました。
箸で食べ物の味がこんなに変わるなんて...

運命を感じちゃったお箸は京都の老舗.市原平兵衛商店のみやこばし。
建材に使った竹を煙で燻したものを材料に使っている。
燻し加減で色も微妙に変わるし、竹のどの部分を使うかで
節があったりなかったり、竹の自然の模様があったり
だから一膳一膳顔が変わる。
手に持ってみてさらにびっくりしたのはその軽さ。
まったくストレスを感じない軽さなのだ。
スタイルも素敵。びっくりするくらい細い。
こんなに細くて大丈夫?って感じなのに竹独特のしなりがあって強い。
まさに日本の食文化と職人技の生み出した逸品。

市原平兵衛商店
http://www.kyoto-shijo.or.jp/shop/ichihara/

我が家はみんなここのお箸使ってます。
大切な人に送ってみてもいいかも。
素敵な道具に感謝してますますご飯が美味しいharapekoなのでした。
[PR]
by harapeko-angel | 2005-03-27 21:34 | グルメ

☆はじめの一歩☆

記念日でもない、キリのいい日でも何でもないお天気のいい春の日。
このブログを始めることにした♪
夢の一歩なんて案外偶然(必然?)突然始まるんだなと思った。
きっかけは友達からもらった一通のメール。

やりたいことは山ほどある。いつか時間とお金が手に入ったら...
といつかのためにとっておいたやりたいことの数々。気づいたら夢の山。

メールをくれた友達は既婚、小さな子供を持つ主婦。
普通なら行動に制限が掛かったりいろんなやりたいことを封印したり
する。だけどそんな状況はものともせず子育てが始まっても彼女はさらに
進化し続ける。
地方から東京で開かれる写真教室に毎月通ったり、バンド活動をして
CDを作ったりLIVEやったり、ホームページ作ったりしてどんどん自分を売り込んでる。
このまえLIVEを見に行った。ステージの彼女は最高に格好良かった。

LIVE格好良かったってメール送ったら、harapekoちゃんの夢ももう叶い始めてるよね、まだ見えないところでカタチになり始めてるんだよねって返事が来た。

ドキっ。

フードライターやコーディネーターもやってみたい、油絵も描いてみたい、グルメ旅行にも行きたい、本も出したい....封印していたやりたいことが心から溢れ出した。
ブログ作ってみたらって彼女。いつも私の発想の枠を広げてくれて、前をどんどん歩いていく。

斯くして記念日でもなく、キリのいい日でもないある晴れた春の日にこのブログを始めた。
大きな夢につながる小さくて大きな一歩を。
[PR]
by harapeko-angel | 2005-03-27 10:13 | グルメ