三ツ星からB級まで美味しいもの情報満載♪


by harapeko-angel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

☆庭仕事の小競り合い☆

「枝切りばさみはありますか?」....我が家にやって来ると必ず義父はharapekoに言う。こう聞かれて初めて枝切りばさみを渡した1時間後、庭の枝木は無惨に切り刻まれた。もうきっと芽は付かないだろうと思われるような枝を眺めて、うっかりはさみを渡してしまった自分を反省した。

 
翌日、勢いのついた義父は気が付くと我が家の庭から隣家の枝を切っていた。見つけたharapekoが止めに入ったが「大丈夫、大丈夫!」と言いながら隣りの庭の木を勢いよく切っていく。急遽、小さなサポーターちゃんを出動させるも全く耳を貸さない。もうこうなったら誰にも止められない。仕方なくあきらめ、事後、隣家に菓子折りを持って慌ててお詫びに伺った。


またある日のこと。「ゴミ袋を下さい。」と義父がharapekoに言う。何に使うんだろうと気になりつつスーパーの袋を渡すと「もっと大きい普通のゴミ袋をください。」と義父。ゴミ袋を渡し、のんきにharapekoは洗濯を干していた。すると....なんかいやな予感がして思わず階段を駆け降りた。義父に何に使うのかと尋ねると「ゴミを入れるのに使う。」という。(ゴミ袋なんだからそりゃゴミを入れるでしょ!)と心の中で突っ込みつつ、いつもの癖でニコニコしながら核心をつく質問を続けた。「何のゴミを入れるんですか?」にこやかに尋ねるharapekoに.....「うっ!」思わず答えに困る義父。どうやらまた庭木を切るつもりだったらしい。丁重にお断りをして、寸でのところで食い止めホッとした。


ところがどうやら役に立ちたい気持ちが強いらしく隙を見ては庭木を切りたがる義父。時には手で引きちぎり、harapekoに見つかると慌ててちぎった枝を庭に投げ捨てたりした。これにはharapekoも思わず笑って仕方なく見て見ぬ振りをしておいた.....可愛い小競り合いが続く。


そんな昭和1ケタ生まれの義父が病気になり、昨日は8時間以上にもおよぶ大きな手術をした。術前には願掛けでこっそり献血に行ってみたりしたけど、元気になったら庭の木を思いっきり切らせてあげるって言ったほうが早く元気になるのかな。
[PR]
by harapeko-angel | 2007-12-04 22:02 | 独り言