三ツ星からB級まで美味しいもの情報満載♪


by harapeko-angel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

☆CAVE D'OCCI☆

帰宅して急いでポストを覗いた。届いてる郵便をチェック。来た!来た!これ!これ!郵便の封を切って.....ふむふむ.....にんまり.....決めた!!!

きっぱり! harapekoはオーナーになります!!!
資本金1万円。

『CAVE D'OCCI』(カーブドッチ)。新潟にあるカーブドッチワイナリーで作られるこだわりのワイン。「ぶどうを作る手がワインを作らなければならない」というポリシーのもと自家栽培したぶどうで自家醸造100%のワイン作りをしている。ぶどうは搾られるとそのままステンレス製タンクへ。ここで発酵が行われ、そのまま密閉保存される。ワインが空気に触れて酸化するのを防ぐためである。発酵時にはかなり高い熱が生じる。この熱はワインの味と香りを損なうので、発酵時のタンクを直接水で冷やしてワインを熱から守る低温発酵を行っている。一般にはワインを瓶詰めするときに再発酵や腐敗防止のため高温で加熱殺菌する。でもこの熱もワインにとっては敵。カーブドッチでは熱処理を一切行っていない。樫樽熟成やビン熟成など伝統的なエイジングを行っている。

harapekoがなったのはぶどうの苗木のオーナー。品質の良いワインを作るにはぶどう作りから始めなければならない。一本のぶどうの苗木がやがて味わい深いワインになる。このぶどうの苗木の成長とワインの味が深みを持っていく喜びを少しでも多くの人と分かち合いたいという願いで発足したヴィノクラブ。(ぶどうの苗木のオーナー制)
1万円で1本のぶどうの苗木のオーナーになれ、このお金は立派なぶどうに育てるための栽培費に充てられる。オーナーにはそのお礼として入会の翌年から10年間、毎年1本ずつワインがプレゼントされるというシステム。harapeko宅に届いたのは入会の申込用紙。これでharapekoでもワイン作りに参加できるんだって思って即オーナーに。新潟中越地震からの復興に向けての何か手助けになればという想いも込めて。みなさんも参加してみませんか?

『CAVE D'OCCI』(カーブドッチ)
http://www.docci.com
[PR]
by harapeko-angel | 2005-04-24 10:07 | グルメ