三ツ星からB級まで美味しいもの情報満載♪


by harapeko-angel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

☆NOBU(2)☆

harapekoが大好きなレストラン『NOBU』のお話の続き。

念願だった自分の店はオープン50日目に火事で一瞬にして焼き尽くされてしまう。神様は宿題を出した。現実と向き合う日々。苦しく長く感じられる時間。そして答えは出される。幼い我が娘を見て「この子のためにももう一度頑張ろう」と。
家族を残し、単身で渡米。ゼロからではなくマイナスからのスタートだった。そして1987年、37歳のときロサンゼルス・ビバリーヒルズに自分の店、『Matsuhisa』をオープンさせたのはアラスカの火事から9年後のこと。質の高い料理とサービスを提供するうちに一度来たお客さんがリピーターになり、今度は友人を連れてやってくる。そうやって口コミで広がった店はやがて連日満席の超人気店になっていく。新聞やグルメ本でも度々取り上げられるようになり、「ザガット・サーベイ」ではレストラン部門で一位になり、「New York Times」では世界のレストランベスト10にも選ばれた。『Matsuhisa』はビバリーヒルズにあるため映画関係者やハリウッドスターの来店も多い。そしてその味に惚れ込んだロバート・デ・ニーロに「ニューヨークで共同経営しないか」と持ちかけられ,一度は断ったものの、彼の熱心な誘いにより、1994年にニューヨーク・トライベッカ地区に『NOBU』をオープンさせる。そして『NOBU』は世界のセレブ、美食家たちを魅了していった。今では世界で11店舗をオープンさせている。神様は決して人の努力を見逃さない。彼は神様の与えた宿題を見事にクリアした。
松久信幸氏のサクセスストーリーを聞いて『NOBU』がますます好きになった。彼の料理がおいしい理由は料理に対するひたむきな姿勢と彼の人生そのものが味となっているからだと思う。そしてそれは神様の宿題を越えて来た者だけがが知ることの出来る境地なのだと。

NYの『NOBU』を初めて訪れたのち、harapekoの人生にも神様からの宿題が与えられた。そしてその宿題をクリアできたときまた『NOBU』に行きたい☆

『NOBU NEW YORK』
105 Hudson in Tribeca,New York,NY 10013
212-219-0500

『NOBU TOKYO』
東京都港区南青山6−10−17
03−5467−0022

『Matsuhisa』
129 North La Cienega Blvd,beverly Hills,CA 90211
310-659-9639
[PR]
by harapeko-angel | 2005-04-05 19:42 | グルメ