三ツ星からB級まで美味しいもの情報満載♪


by harapeko-angel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

☆土用の丑の日☆

子供の頃には「土曜の牛の日」って書くのだと思ってた。季節を感じる行事「土用の丑の日」。週末友達の家に行ったとき、トイレに掛けてあったカレンダーで気がついた。今年もそんな季節になったんだと。(よその家のトイレでこっそり季節を感じてしまいました。。。)

子供の頃、食べた魚の小骨が喉に引っかかって魚が嫌いになった人は多いと思う。harapekoもそんなの中の一人だった。魚=小骨の方程式が成り立ってしまうと小骨のあるものは全て苦手だった。穴子もハモも鰻ももちろん例外なく苦手。小骨の多さと独特の匂いでお手上げ状態。母が作ってくれた巻き寿司の小さな穴子を見つけては指で突付いて落として食べて叱られていた。。。そうここの鰻に出会うまでは。

「うなせん」。毎年土用の丑の日ともなると小さな店は人でいっぱいになる。丑の日の当日、店で食べてるお客さんはまばら。大半は持ち帰りのお客さん。時間の予約をして取りに行っても二時間くらいは待たされる。この待ってる間のうなぎの焼ける匂いだけでごはんが食べれらそうな気がする。ショッピングモールの入り口横にあるその小さな店は実は隠れた名店だった。遠方からやってくる常連さんも。とにかく鰻が苦手な人もここの鰻を食べて鰻が好きになった人は多い。蒸さずに直焼きされた関西風。せいろで蒸した柳川風の方が上品なイメージがあるけど、このうなせんの庶民派うなぎは絶品。とにかく一度試してみてね。
あっ!お店の人。あまり愛想はありませんのであしからずご了承くださいませ。

「うなせん」
岡山市津島南1-1-23
086-252-1312
11:30~14:30、16:00~18:30
月曜休
※丑の日の持ち帰りは前日までの要予約
[PR]
by harapeko-angel | 2005-07-12 00:58 | グルメ