三ツ星からB級まで美味しいもの情報満載♪


by harapeko-angel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

☆日本最古の会社☆

今日は取材で牛窓にある創業60年以上の老舗かまぼこ店・『中光商店』へ。ここの練り物は超人気で地元のこよなく愛されるお店なのだ。土日祝日には関西など近県から買い物に来るお客さんも多いのだとか。
d0012323_21574222.jpg
d0012323_21574884.jpg
こだわりの地産地消の食材を使った練り物は美味しい〜♪ほぼ全種類試食させていただきました。揚げたての海老マヨネーズ天を試食しながら、社長さんの話を伺うことに...


お渡しした名刺を見て「あんた社長かな〜?!」と気さくな社長さんはお店や商品のこと以外にも色々とお話ししてくださった。のれんを守りながらも変わる努力や工夫をしていること。時代の波に乗って一気に財を成すような商売もあれば、長くお客さんから愛され、売れ続けていく商品を生み出し、続いていく会社もある。長く続いていく会社には何かかならず理由があると思わないかと....会話の中に経営者として日々姿勢が見え、色々と考えるものがあった。



「日本最古の会社ってどれくらい続いてると思う?」と聞かれた。水戸黄門は越後の縮緬問屋だからちょんまげの時代には会社ってあったんだよな〜って頭では思ったけれど皆目検討がつかなかった。すると「1400年なんよ〜。」と....びっくり仰天!!!



早速、自宅に戻って調べてみるとその会社は『金剛組』という会社だった。創業は飛鳥時代・578年で聖徳太子が四天王寺を建設するため招いた宮大工が起こした会社で、今も寺や神社仏閣などの修繕などを主に行っているらしい。創業者は創業当時これほど続く会社になると思っていたのだろうか。
会社理念を読むとその志が伺えて、長く続く理由はここに在る気がした。根っこで何を思っているかが現実化するということにあらためて気付く。自分がこの世に存在しなくなっても人の中に生き続けるもの....自分イズムを極めていこうと思った。
[PR]
by harapeko-angel | 2009-09-25 22:57 | 雑学